羊水塩

 

ここ最近のお気に入りです。

 

 

 

 

 

この塩を入れたお風呂に入ると、深く安らぎます。

 

1%の濃度で作った塩水(例:水400mlなら羊水塩4g)は、

化粧水代わりにしたり、飲んだり、目薬にしたりと色々使えます。

 

私の場合、これを顔や身体に塗るようになってから、

肌のツヤがとても良くなりました。

 

 

 『太古の海』と『羊水』を再現できるのが《羊水塩》です。

 

 

という、このキャッチフレーズがいいですね。

 

 

羊水塩を使っていると、私の中に眠っている

胎児の時の「発生の力」が蘇りそうな気がして、

ワクワクしてしまいます。

 

 

「30歳ぐらいの若い肉体と印象のままで、じじいになりたい」

 

 

チベット体操と羊水塩で、

私のこの野望にまた一歩近づきました(笑)

 

 


心の自由

 

 人々は本当にいい気分でいたいんだ。

 

 そしてほとんどの人々は、

 いい人間でありたいとすごく望んでいる。

 

 ところが、この点が大きな問題なんだ。

 

 

 「それ、どういう意味?

  いい人間でいたいことが、どうして問題になるの?」

 

 

 それはね、サラ、人々はいい人間でいたいと望むからこそ、

 何が良いことなのかを決めるために、

 周りを見渡して、他の人々の生き方を観察しているんだ。

 

 自分たちの周囲の状況を眺めて、

 その状況の中に良いことだと思えることと、

 悪いことだと思えることの両方を見ている。

 

 

 「それが悪いことなの?

  それのどこが悪いのか、わたしにはわからない」

 

 

 僕が気がついたことはね、

 人がいろいろな状況を眺めている時、

 それが良い状況でも悪い状況でも、

 

 ほとんどの人は自分がどう感じているかについて

 意識していないということなんだ。

 

 そしてそれが、ほとんどの人にとって

 問題を起こすことになるんだ。

 

 自分が見ていることが

 自分をどのような気持ちにさせているかを

 意識している代わりに、

 

 いい人間になりたいという気持ちから、

 人々はいつも悪いことを探し出しては、

 それを遠ざけようとばかりしているのさ。

 

 それがどうして問題かっていうとね、

 人々が「悪いこと」だと思っているものを

 遠ざけようとしている間中ずっと、

 

 その人たちは《苦しみの鎖》に

 つながってしまっているからなんだ。

 

 人々は、自分がどんなふうに感じているのかを

 意識していることよりも、

 

 いろいろな状況を観察したり分析したり

 比較したりすることの方にずっと関心があるんだ。

 

 そして、たいていの場合、その状況が

 彼らを《苦しみの鎖》の中に引きずり込んでしまうんだ。

 

 サラ、この数日間を振り返ってみて、

 君が感じた強い感情のいくつかを思い出してごらん。

 

 今週、君がいやな気持ちを感じていた時、

 何が起こっていた?

 

 

 「トミーとリンがドナルドをいじめていた時、

  すごくひどい気持ちがした。

 

  授業中にみんながドナルドのことを笑った時も、

  ひどい気持ちがしたし、

 

  一番いやな気持ちだったのは、

  ドナルドがわたしにどなった時。

 

  わたし、ドナルドを

  助けてあげようとしていただけなのよ、ソロモン」

 

 

 それでいい、サラ。

 それについて話してみよう。

 

 君がすごくいやな気持ちを感じていた時、

 君は何をしていた?

 

 

 「わからない。別に何もしてなかった。

  ただ見てただけ、だと思う」

 

 

 まさにその通りだ、サラ。

 君は状況を観察していたんだ。

 

 けれども、君が観察することを選んだ状況というのは、

 君を《苦しみの鎖》につなげてしまうような種類の

 状況だったんだ。

 

 

 「でも、ソロモン、正しくないことが起こっているのを

  見ないなんてことがどうしてできるの?

 

  それから、それを見ても、

  いやな気持ちを感じないなんてことが、どうしてできるの?」

 

 

 

 

 そういう疑問がわくのは

 実にもっともなことだ、サラ。

 

 いずれは満足のいくような答えをあげることを約束しよう。

 

 一度にこれを全部理解するのは簡単なことではないからね。

 少なくとも最初のうちは理解するのはむずかしい。

 

 その理由は、君たちが状況を観察するように

 訓練されてきたからなんだ。

 

 でも観察している時に

 自分の気持ちに注意を向けるようには訓練されていない。

 

 だから、周囲の状況が

 君たちの人生をコントロールしているように見えるんだ。

 

 何かいいことを観察しているなら、

 君はいい気持ちを感じるし、

 何か悪いことを観察しているなら、

 君はいやな気持ちを感じる。

 

 自分の人生が周囲の状況に

 コントロールされているように見える時、

 ほとんどの人はがっかりしてしまう。

 

 そしてそれが、実に多くの人々が

 《苦しみの鎖》につながってしまう原因なんだ。

 

 

 「それなら、どうすれば《苦しみの鎖》に

  つながらないでいられるの?

 

  他の誰かがそれにつながった時に、

  そこから引っ張り出してあげるためには

  どうしたらいいの?」

 

 

 そうだね、サラ、そのための方法はたくさんある。

 

 でも僕が気に入っている方法で、

 一番効果があるのはこれだ。

 

 「味わい愛でる気持ちを感じさせてくれるようなことを考える」

 

 ということだ。

 

 

 「あじわいめでる?」

 

 

 そうだ、サラ、物事や人々について考えながら、

 君に最高の気分を感じさせてくれるような考えを見つけるんだ。

 

 物事や人々を、いつでもできる限り味わい愛でるんだ。

 

 それが《喜びの流れ》につながる最高の方法だ。

 

 

        ———————『サラとソロモン』より

 

 

 

何年か前の私も、このサラのように、

ただ目の前の状況を観察して、

観察した結果に自分の気持ちを左右されていました。

 

そして、社会全体や、周囲の人や状況に

自分の人生をコントロールされている気がして、

時々自分の人生に「がっかり」していました。

 

 

でも、今の私はどうかというと、心はとても自由で、

自分の人生にがっかりすることもありません。

 

 

「私の人生は私のものです」と、ニッコリ思えています。

 

 

私の心がなぜ自由になったのかというと、

 

 

いろいろな状況を観察したり分析したり

比較したりすることより、

自分がどんなふうに感じているのかを

意識するようになったから。

 

 

人がどうとか状況がどうとかいう「現実」よりも、

自分の今の「心」を大切にして、

 

「これを見たらどう感じる?」

 

「あれを考えたらどう感じる?」

 

を丁寧に選ぶ。

 

 

このことを毎日毎日毎日毎日・・・飽きずに続けていたら、

知らない間に勝手に心が満たされるようになったんですね。

 

 

「・・・あぁ、そうか。

 自分の心は周囲の状況に応じて満たされるものではなくて、

 自分自身で満たすものだったんだ」

 

 

 

 

自分の人生を取り戻したい方や、心の自由を手に入れたい方は、

以下のソロモンの言葉を日々コツコツと実践し続けてみてください。

 

 

 

 君の幸せが他の誰かがやったり

 やらなかったりすることにかかっている時、

 君は罠にはまっているんだ。

 

 なぜなら、他の人々が考えることや行なうことを、

 君がコントロールすることはできないからさ。

 

 自分の喜びは他人にかかっているのではない

 ということがわかったら、その時には、

 本当に自由になれるんだ。

 

 それは、君が夢見たことのある

 どんな途方もない夢よりもすばらしい自由だ。

 

 そして、君が喜びを感じられるかどうかは、

 君自身が何に対して自分の注意を向けることを選ぶか、

 ということだけにかかっているんだよ。

 

 


今日のおふたり

 

 

 

 

 


感じること

 

「施術中は何を感じているんですか?」

 

 

時々、お客さまから聞かれることがあります。

 

 

私がいつも感じているのは、

お客さまの身体の中の動きのようなもの。

 

 

その動きを水の流れのように感じることもあるし、

身体の中を何かが移動しているように感じることもあるし、

時には身体の外側の空間の動きを感じることもあります。

 

 

「この動きがどうなっていくのかなぁ・・・」

 

 

と、動きそのものを判断も予想もせずに、

ただぼんやり感じながら施術をしています。

 

 

以前は「どこが原因でこうなってるんやろ?」とか、

「この症状の場合はここをチェックして・・・」とか、

思考を存分に使って施術をしていましたが、

 

今は思考は「使う」というよりも、

感覚の後に「湧いてくる」感じです。

 

 

 

 

その日に調整が必要な部位は、

お客さまの身体が教えてくれる(と私は思っている)ので、

 

自分が感じたままに「ここだ」と感じた部位を、

「このやり方がいいかな」と感じた方法で調整していきます。

 

ここ数年は、調整の時に力をかける方向や強さも、

お客さまの身体が自然に導いてくれる気がしています。

 

 

「今日も身体に連れて行ってもらってるなぁ」

 

 

と、思いながら施術をしています。

 

 

 

 

そして、全身の動きやリズムがいい感じになれば、

その日の施術を終えるタイミング。

 

 

そういう時には、身体全体に淀みなく呼吸が通っていく感覚を覚えます。

 

 

赤ちゃんのように、全身が一体となって

呼吸をしているように感じられることもあるし、

全身がベターっとフラットになったように感じることもあるし、

 

お客さまの身体を、

静かな森の中にある湖のように感じることもあります。

 

 

 

 

昨日来られたお客さまの右手の親指を調整していると、

親指も含めた右腕全体が、私の方に向かって

目に見えてどんどん長く伸びてきました。

 

まるで、アニメのキャラクターの腕が伸びるみたいに。

 

また、頭に触れていると、

全身が波のように頭から足先まで行ったり来たり動く。

 

お客さまもそれらの動きをリアルに感じておられて、

施術後に「おもしろいですね」と仰っていました。

 

 

私が施術をしたほとんどの人の場合は、

そういう動きは身体の中だけで起こるのですが、

 

実際に目に見えて身体が動くというのは

このお客さまの個性なんだと思います。

 

 

 

 

「そういう感覚は、誰にでも得られるんでしょうか?」

 

 

「思考」を静めて「感じること」をオープンにしたら、

誰にでもできると思います。

 

あとは「自分にもそういうものを感じる力がある」と、

信じることも大切ですね。

 

 

目に見えないものを言葉で表現するには限界があるので、

読んでいて理解できない部分もあったと思いますが、

私がいつも施術中に感じているのは概ねこんな感じです。

 

 

もちろん、思考よりも感覚を使うこのやり方が

絶対だとか最高だとかは全く思っていなくて、

今はただこのやり方が好きなのでやっています。

 

 

いつか、こういうことが好きな人に直接お伝えできる日が来たら、

それも楽しいだろうなぁと思います。

 

 


書くこと

現在、マイ奈良8月号の原稿を制作中で、

今回は「歩くこと」について書いてみました。

 

 

 

 

この内容は、過去の整体院新聞の原稿に手を加えたものですが、

 

当時、何度も読み直して何度も書き直した原稿なのに、

また今回も何度も読み直して何度も書き直しています。

 

 

もしも自分が本を書くとしたら、

何回読み直して何回書き直すんだろう?

 

 

想像してみたらゾッとしました(笑)

 

 

書いて伝えることは、

話して伝えることより、雰囲気や空気感で伝えることより、

とても時間と手間がかかる作業です。

 

 

それでも書くことはおもしろいなぁと感じていて、

また今日も私はこうやって文章を書いています。

 

 


<< | 2/440PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode