ジーパン

先日、ジーパンを買いました。

 

程よくダメージ加工がされていて、

シルエットが太めで、

くるぶしぐらいの丈のジーパン。

 

色もデザインも好みで、おまけに日本製。

値段もかなりお手頃で納得の買い物でした。

 

 

 

 

 

 

この猛暑にジーパンはどうかなぁ・・・と思いきや、

 

外を歩いてみると、意外に涼しい!

 

 

厚いデニム生地が太いシルエットを崩さないから、

肌とジーパンとの間に常に空間があるし、

短めの足元からは風が入ってくる。

 

 

歩いていると下半身全体に風が通ります。

 

 

「好きな服を快適に着られる」

 

 

この仕事をするようになってから

めっきり履かなくたったジーパンですが、

このジーパンを履いて気分が「イヒ!」と上がりました。

 

 

 

ジーパンと言えば・・・。

 

 

今から20年ぐらい前はビンテージブームでした。

 

 

ビンテージのジーパンやジージャンが、

古着屋さんで超高値で売られていました。

 

 

「え?これ?10万円?」

 

「まじか?あれが50万円?」とか。

 

 

ジーパンにそんなお金は出せる人は僅かでしょうし、

ビンテージの数も限られています。

 

そこで、当時と似た製法で作られた新品のレプリカジーンズを買って、

カッコよく「縦落ちさせる」というのが流行りました。

 

 

自分でジーパンを「育てる」感じです。

 

 

ファッション雑誌にも特集記事がよくありました。

 

 

「どうやって縦落ちさせるか」

 

「どのレプリカブランドが人気か」

 

 

みたいな記事です。

 

 

かく言う私もジーパンにはまった一人で、

真っさらのレプリカジーンズを買って「育てて」いました。

 

 

買ってすぐのジーパンは濃紺で、生地もゴワゴワ。

 

それをまず洗濯して乾燥機にかけて目一杯縮ませる。

 

 

その後はひたすら履く。

 

 

今の状態は好みではない濃紺のジーパンをひたすら履き続けたら、

ビンテージみたいなカッコいい縦落ちになると期待して・・・。

 

 

ジーパンは元々作業着。

ビンテージや古着がカッコよく縦落ちしているのは、

当時の人が作業着として履きまくっていたから。

 

 

スーツで仕事をしていた私はそういう環境にはなかったので、

私服になれる週末には必ずジーパンを履いていました。

 

履いている時間を増やすために、

ジーパンを履いて寝たりもしました。

 

 

縦落ちのためには、我慢、我慢。

 

 

洗濯し過ぎると全体的にのペーっと薄くなるから、

なるべくなら洗わない。

 

洗う時も水洗いがベター。

洗濯洗剤には蛍光漂白剤が入っているから。

 

 

しょっちゅう履くけど、「ちゃんと洗わない」という。

 

 

・・・当然臭いです(笑)

 

 

 

馴染んでくるまではゴワゴワして履き心地も悪い。

 

縦落ちしていないから、色や見た目が好みじゃない。

 

丈も普通なので夏に履くと暑い。

 

そして、まあまあ臭い。

 

 

でもこのジーパンをカッコよく縦落ちさせたいから、

多少のことは我慢して履く。

 

 

 

1年ぐらい経って徐々に縦落ちしてきても、

ビンテージのカッコいい風合いと比べて不満に思う。

 

 

「もっとカッコよくならんかなぁ・・・」

 

 

好みのジーパンに育てるために不快感を我慢したり、

他のカッコいいジーパンと比べて自分のを不満に思ったり。

 

カッコよく縦落ちした「未来」ばかりを期待して、

「今」のジーパンの状態にずっと満足しない。

 

 

 

このジーパンを履き続けて何年か経ちました。

 

生地というのは適度に洗わないと弱ってくるんですね。

 

いい感じの色になってきた頃には、

あらゆるところが破れはじめました。

 

 

修理屋さんで「たたいてもらう」と破れは直りますが、

「たたいた」ところは生地が硬くなって履き心地が悪くなる。

 

そして、履き続けていると、

硬くなった生地の周囲に負担がかかって、

今度はそこが破れてくる。

 

 

また、たたいてもらう。

 

 

また破れる。

 

 

この繰り返し。

 

 

結局、縦落ちになった「未来」を楽しめたのはほんの束の間で、

たたきまくって履き心地が悪くなったジーパンだけが残りました。

 

 

 

これって、「生き方」にも似ていますね。

 

 

「今を犠牲にして、我慢して

 苦労して努力した先に喜びや成功がある」

 

 

・・・みたいな生き方。

 

 

たかがジーパンで大袈裟な話と思われるかもしれませんが、

当時の私にはそういう思考パターンがあったと思います。

 

 

 

20年以上前に買って育てたジーパン。

 

今はほぼ履いていませんが、

なんだか当時の自分が愛おしいので捨てずに持っています。

 

 

 

 

 

 

今の私には、「今の状態」を楽しめる服の方がしっくりきます。

 

 

そんなに好きじゃない色のジーパンを我慢して履いたり、

縦落ちのためにゴワゴワのジーパンを寝る時まで履いたり、

臭いのに洗わないというのは・・・もう無理ですね(笑)

 

 

いつでも「今」の自分に心地いいものを身にまとって、

いつでも「今」を気分よく生きたいから。

 

 

色んな過去の自分を経て、

今の生き方の好みはそうなりました。

 

 


80文字

最近書いてないなぁと思ったら、

5日ぶりの更新でした。

 

 

いつも見にくださっているみなさま、

本当にありがとうございます。

 

 

今日は、『マイ奈良』の「ショップ情報」のページに

毎月書いている文を幾つかご紹介したいと思います。

 

このページには、80文字限定で

色んなお店の情報が紹介されていますが、

 

私だけお店の情報とは

全く関係ないことを毎月書いています(笑)

 

 

お時間がある方は読んでみてください。

 

 

 

 

 

 自分の体の悪い面よりも良い面を見ましょう。

 

 そうすると良い面が引き出されます。

 

 これは人間関係も人生も同じ。

 

 見られない時は他の好きなことをしましょう。

 

 

 

 家族や他人や社会が自分好みになるのを待っていたら、

 いつまで経っても人生は不自由なままです。

 

 自分の機嫌は自分で取るんだと決めると、

 本当の自由がすぐに手に入りますよ。

 

 

 

 あなたを幸せにできるのは他の誰でもありません。 

 

 あなただけです。

 

 あなたがいい気分でいること以上に大切なことはない。

 

 このことを忘れないでください。

 

 

 

 もうすぐ春ですね。

 

 気候と環境が大きく変化するこの時期に

 体を元気に保つ方法は感情を整えることです。

 

 毎日の中にたった5分でもいい。

 

 天国になれる時間をつくりましょう。

 

 

 

 人の悪い面よりも良い面を見ましょう。

 

 そうすれば良い面が更に引き出されます。

 

 これは自分の体も人生も同じ。


 良い面が見られない時は、

 好きなことをして気分を変えましょう。

 

 

 

 今日も誰かの言動でイライラ…

 

 機嫌は誰かにとってもらうものだと思っていませんか?

 

 自分で自分の機嫌をとれるようになれば、

 あなたの人生は自由で愉しいものになります。

 

 

 

 呼吸は意識と無意識の架け橋。

 

 「自分が今どんな呼吸をしているのか」を

 観察してみてください。

 

 コントロールせず観察するだけです。

 

 自分の呼吸に気づくと心が静かになりますよ。

 

 

 

 私たち人間は1日に平均6万の思考を持つといわれていて、

 一説によると、その95%が昨日と同じものなのだそうです。

 

 今の現実を変えたいなら、思考と習慣を変えてみましょう。

 

 

 

 不快感は体からの大切なメッセージ。

 

 その声に従って手を止めましょう。

 

 体勢を変えましょう。

 

 目を休めましょう。

 

 体を伸ばしましょう。

 

 たったそれだけで多くの病は防げます。

 

 

 

 


現実になる前に感じる

 

「相手と対立せずに

 この問題を解決するにはどうすればいいでしょう?」

 

 

先日、あるお客さまからこういう質問を受けました。

 

 

「そうですね。

 ちなみに、その問題はずっと続くものですか?」

 

 

「いいえ。このままいけば

 だいたい1年後には終わると思います」

 

 

「じゃあ、1年後の自分、

 問題から解放された後の自分の

 身体の感覚や気持ちを想像してみてください」

 

 

「・・・(身体を伸ばしながら)

 あぁ〜!やっと終わったぁ!」

 

 

「そう、その感じです。

 今のその感じを時々思い出して、

 日に何度か感じる時間をつくってみるといいですよ」

 

 

「それだけですか?」

 

 

「はい。それだけです」

 

 

「それだけ?」

 

 

「はい。それだけです。

 でも、今、気持ち良かったでしょ?」

 

 

「はい・・・確かに(笑)」

 

 

 

 

 

「問題の波動と解決策の波動は違う」

 

 

とエイブラハムは言います。

 

 

「波動」というのは、全ての存在「そのもの」であり、

全ての存在が発している「エネルギー」でもあります。

 

私たち人間なら、

「波動」≒「感情」と言ってもいいと思います。

 

 

例えば、その人のことをよく知らなくても、

気難しそうな人とか愛想がよさそうな人というのは、

見るだけでなんとなくわかりますね。

 

あれは、その人が「主に抱いている感情」が、

雰囲気や空気感として

身体から発せられているからなんですね。

 

そして、私たちにはそれを感じ取る能力があるんです。

 

 

 

 

 

このブログでもよく書いている通り、

「今の感情」が「未来の現実」を創ります。

 

 

問題に注目している時の感情を想像してみてください。

 

 

「病気が治らない、痛い、苦しい、不自由だ。

 何でこんな目にあうんだろう」

 

「あの人はなんて理不尽な奴なんだ。まるでヤクザだ。

 なんとかして彼の間違いを正さないと、えらいことになる」

 

「どうやったら事業がうまくいくだろう。

 このままだと借金の返済もままならない」

 

「彼は誰にでも優しいから、他の子が彼を好きになるかもしれない。

 こんなことをもう考えたくない」

 

「夏休みの宿題いややぁ!

 学校行きたくない!」

 

 

こういう時の感情は、

悲しみ、苦しみ、絶望、怖れ、自己嫌悪、怒り、心配、不安など、

どれもネガティブなものばかりです。

 

その感情をまとったまま日々を送ると、

またそういう感情を感じさせてくれる現実を

未来に創造することになります。

 

 

 

 

 

それとは逆に、

問題が解決した時の感情を想像すると・・・

 

 

「いやいや、目の前にこんなに問題があるのに、

 解決したところなんて想像できません!」

 

 

確かに。

 

その気持ちもよくわかります。

 

 

解決の方法が見えないのに、

解決した後の自分を想像するのはちょっと難しいですね。

 

私たちには「ありのままの現実」を見て、

「どうやって?」を考える癖がありますから。

 

 

「どうやって?どういう方法で?どういう道筋で?

 この問題をクリアしていくの?」

 

 

そもそも思いついていたら、

こんなに苦しんでいませんしね(笑)

 

 

今は「どうやって?」は脇に置いて。

 

解決する方法や道筋は一切考えずに、

問題が消えた後の自分の体感覚だけを想像してみてください。

 

 

どうですか?

 

 

 

 

私の場合だと「問題を解決した後」に

想像できる体感覚はこんな感じです。

 

 

「はぁ〜(大きく息を吐き出す)」

 

「ホッとした」

 

「肩の荷がおりた」

 

「呼吸が楽になった」

 

「身体の力が抜けた」

 

「胸が温かくなった」

 

「伸びをしたくなった」

 

「大の字で寝転びたくなった」

 

「ニヤニヤと顔が自然にほころぶ」

 

「嬉し涙」

 

 

この時の「感情」が「未来の現実」を創ります。

 

 

 

 

 

 それがどうやって起こるかは考えないようにするんだ。

 

 ただこのショックな経験はもう過去のこと、
 万事は良好だと想像してごらん。

 

 きみはサラとツリーハウスで会いつづけ、
 きみの人生はどんどんよくなっていると。

 

 楽しくて安らかな考えを頭の中に保ってごらん。

 

 

 つらい考えが浮かんだら——つかのま、起こることだ——
 ゆったりその考えを取り除き、
 気持ちがよくなる考えに意識をまた向けることだ。

 

 そして、なりゆきを見守るんだ。

 

 

 それは大きく見えようと、小さく見えようと、
 いつもすぐに起こるんだ、サラ。

 

 城を築くのもボタンをこしらえるのと同じぐらい、
 たやすいことなんだ。

 


 楽しんでごらん。

 

 

 しあわせな結果をせいいっぱい思い描いてみるんだ。

 

 どうしてそれが起こるかは考えないでね。

 

 どのようにして起こるか、誰が助けてくれるか、
 いつ、どこで起こるか、は省くこと。

 

 何を心から望んでいるか、そこに集中するんだ。

 

 

 とりわけ大事なのは、安心感を得ることさ。

 ここでは万事良好だと。

 

 

    ————『サラとソロモンの友情』より

 

 

 

物事が起こる前に解放感や安心感を感じることは、

「願望を叶えたい時」にも使えます。

 

願望を実現する方法やその道筋は一切考えずに、

何かを達成した後の自分の感覚を感じるだけです。

 

 

問題を解決した先や何かを達成した先に

私たちが得たいもの、

 

それは「感情」や「感覚」です。

 

 

「今自分が感じている感情は、

 自分が望んでいるものだろうか?」

 

 

望まない現実に注目している自分に気がついたら、

望む現実を体験している自分の感情や感覚を想像して、

それを感じる時間をつくってみてください。

 

 

「望まない感情」よりも、

「望む感情」を意図的に感じましょう。

 

 

 

 

望みが現実になる前に。

 

 


お休みのお知らせ

本日7月24日(火)は、

整体院の営業をお休みいたします。

 

 

 

 

明日からは通常通り営業いたしますので、

よろしくお願い申し上げます。

 

 


身体の中に意識を向ける

 

 他の人々を眺めているとき、

 自分の体を感じてみて下さい。

 

 他の人々の話を聞いているとき、

 自分の体を感じてみて下さい。

 

 体全体を使って聞くのです。

 

 自分の体全体を

 ひとつの知性のエネルギー場だと感じてみて下さい。

 

 それは生き生きしていて、

 元気にあふれていて、喜びに満ちています。

 

 

 

 

 自分の体の中に意識を向けることによって、

 体の中に完全に宿りましょう。

 

 自分の体の中で生き生きとしましょう。

 

 自分の体の中にスピリットの存在を感じて下さい。

 

 自分の体の中のスピリットの存在に親しんで下さい。

 

 あなたが自分の体の中心に入っているとき、

 スピリットが自分の体の中に完全に宿っているとき、

 あなたは宇宙の中に宿っているのです。

 

 

 あなたが宇宙と一緒に

 いかに踊っているかに意識を向けることによって、

 自分の体と調子を合わせましょう。

 

 

 

 

 歩いているときは、

 歩いているということに意識を向けましょう。

 

 座っているときは、

 座っているということに意識を向けましょう。

 

 息をしているときは、

 息をしているということに意識を向けましょう。

 

 これが、生きることにフォーカスした、

 今この瞬間の意識です。

 

 

 この意識が定着するまで実践して、

 これを永続的な習慣にして下さい。

 

 そうすれば、まもなくあなたは、宇宙のダンスの中で、

 

 あなたは歩いているのではなくて、

 歩きが起こっていることに気づくでしょう。

 

 あなたは座っているのではなく、

 座るということが起こっています。

 

 そして、あなたは息をしているのではなくて、

 ひとつの存在が、あなたを通して息をしているのです。

 

 

   ———『あなたが「宇宙のパワー」を手に入れる瞬間』より

 

 

 

 

 

チョプラ博士のこの言葉を読みながら

自分の身体を感じてみると、感じた瞬間に、

少し離れていた「自分」が自分の中にすっと戻ります。

 

 

戻ったそこには、

静謐さと力強さと喜びがありました。

 

 

先日の記事に書いたHappyさんの言葉、

「中心意識」と同じですね。

 

 

「誰か」や「何か」を自分の中心に置いている時は、

自分の身体を感じるだけでいい。

 

そうすればすぐに、

「自分」が自分の中心におさまります。

 

 

自分の身体の中に意識を向けるだけで、

自分がドラマの主役に戻れるし、

監督のような観察者にもなれる。

 

 

意識を変えるだけで「今」が変わる。

 

 

 

 

私たちが持っている意識の力って、凄いですね。

 

 


<< | 2/409PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode