社会意識と超意識 その2

 

前回の続きです。

 

 

「社会意識」を元にした「制限された思考」。

 

これを常に持ち続けることを受容していると

(無意識的にこれをしている例が多いと思います)、

それに伴う感情も常に感じ続けることになります。

 

そうすると、同じような「思考+感情+現実」が

セットで繰り返される日々が続く。

 

「社会意識の河」から思考が入ってくることを許容していると、

自分の中からもそれに似た思考が自然に生まれ、

その思考がまた社会意識の河へとリリースされ、

また似たような思考が自分の中に入ってくる・・・という循環が繰り返される。

 

 

このブログでよく紹介しているエイブラハムも、

このことをわかりやすく教えてくれていますね。

 

 

今回は、「社会意識」であれ「超意識」であれ、

空気のように私たちが常につながっている「意識」を元にした

思考と感情に対して、身体がどう影響を受けるのかについて、

もう少し掘り下げていきたいと思います。

 

 

 

 

  ————『ラムサ ホワイトブック』より

 

 

 

 あなたの体は、脳とあなたの

 集合的な思考にしたがって維持されている。

 

 というのも、あなたが自分の脳に入ることを許すあらゆる思考は、

 体のすべての細胞に電流を送り、それを養っているからだ。

 

 しかし、子どものころから、そして社会意識の中で

 物事を考えることができるようになってから、

 

 自分は成長し、老いて、死ななければならないという

 プログラミングをあなたは受け容れてきた。

 

 そして、あなたがその思考を受け容れてきたために、

 自分の体の中の生命力が衰え始めたのだ。

 

 なぜなら、「年をとる」という思考は、

 遅い振動数、つまり低い振動数の電流を

 それぞれの細胞構造に送るからだ。

 

 その速度が遅いほど、体の敏捷さもどんどん失われていく。

 

 というのも、体がそれ自身を再生し、

 修復していく力が弱まるからだ。

 

 こうして、老化という現象が起きることが許容され、

 最終的には体が死ぬことになるのだ。

 

 だが、もしあなたが振動数の高い思考を

 つねに受け取ることを自分に許せば、

 

 あなたはもっと速い、

 強力な電流を体全体に送ることになり、

 体は永遠にその瞬間にとどまることになる。

 

 つまり、体は決して年老いることも

 死ぬこともなくなるのである。

 

 だが、ここにいる誰もが、

 体は老いて死んでいくものだということを「知っている」。

 

 それゆえ、だんだんとその電流も弱くなっていくのだ。

 

 

 

 

 

日々当たり前のように何年も何十年も

「社会意識」とだけつながることを自分に許していると、

「知ること」に対して無防備になります。

 

事件、事故、不正、病気、老化など、世間や身の回りで起こっている

(あるいはこれから起こるであろう)あらゆる問題が、

自分にも起こる可能性の大きさを「知ること」になり、

 

それとは逆の以下のようなことを「知ること」を、

自分に許容できなくなります。

 

 

 

 脳の中の今はまだ起動されていない部分は、

 ただ単に知ることを通して、体の中のどんな場所にある、

 どんな損傷であれ、それを再生する能力を持っている。

 

 自分の体は自己治癒ができるのだとあなたが知った瞬間、

 その思考は中枢神経系を通して

 さらに強い電流を傷ついた部分に送る。

 

 そしてそれは、各細胞の内部にあるDNAが、

 クローニングによってその細胞を完璧に再生することを可能にするのだ。

 

 

 完璧に、である。

 

 

 あなたはそれが奇跡的なことだと思うだろうか?

 

 それがあるべき姿であり、実際にそうなっているのだ。

 

 

 

以前の記事でご紹介した、

末期癌で瀕死の状態から生還したアニータ・ムアジャーニさん。

 

彼女の脳と体内で起こっていたことは、まさにこれだったのでしょう。

 

臨死体験で得た「私は知っている!」という揺るぎない確信が、

癌に侵食されていた細胞を健全な状態にまで

急速に再生させたのだと思います。

 

 

そして、「末期癌が治った!」という

アニータさんのような体験談を「知ること」で、

知った人の体内にも変化が生まれます。

 

 

「風邪は治る。癌も治る」

 

 

これも「超意識」の思考です。

 

 

 

 

ラムサによると、私たちは脳の1/3しか使えていないそうです。

 

しかし、「超意識」とつながることを受け容れるようになると、

眠っていた脳の部分が起動し、サイキックとか

奇跡と呼ばれるようなことが起こせるようになる。

 

私自身も「それは自分にも感じらる」とか、

「それは自分にもできる」を「知ること」で、

以前は「無理だ」と思っていたことが

今では当たり前にできるようになっています。

 

それらはどれも、「社会意識」の制限を大きく超えたものでした。

 

きっと、私の脳の中の眠っていた部分が、

「自分にもできることを知っている」を私が受容した瞬間に、

起動しはじめたのだと思います。

 

 

 

 これまでに自分の基準として受け容れてきたものよりも

 偉大な思考を、あなたがひとつ受け容れるたびに、

 それは脳の中の別の部分を新たに起動させ、

 

 その部分が意図的に使われるようになる。

 

 あなたがそうするたびに、その偉大な思考は、

 あなたの理性的な思考能力を遠くに運んでくれる

 「運び手」となってくれるのだ。

 

 それは、あなたの脳のさらに別の部分を起動させ、

 もっと多くの思考を受け取り、

 もっと多くを知ることを可能にしてくれる。

 

 あなたが「超意識」、つまり制限のない思考を体験することを望むとき、

 あなたの脳下垂体は開き始め、立派な花のようになっていく。

 

 それが開けば開くほど、そのホルモンの流れも増えていき、

 脳の中の眠っている部分がさらに活性化され、

 さらに高い振動数の思考を受け取ることができるようになる。

 

 

 天才になるということは、とても簡単なことなのだ。

 

 あなたが「自分で」考えるようになればいいだけなのである。

 

 

 

 

 

「超意識」とつながっている人(自由で幸せな人など)に会ったり、

そういう人たちが書いたものを読んだり、

アニータさんのように奇跡を起こした方の体験談に触れることは、

私たちにとって大きな力になります。

 

 

興味がある方は、アニータさんの本

喜びから人生を生きる!』も手に取ってみてください。

 

もちろん『ラムサ ホワイトブック』もエイブラハムの本

(ブログの右横にリンクを貼ってあります)もおすすめです。

 

 

 

「社会意識」も「超意識」も、

私たちが手を伸ばせばすぐそこにあります。

 

 

 どの「意識」を選ぶかは私たち次第。

 

 「超意識」とつながれば、脳の機能まで変わる。

 

 脳の機能が変われば、全身の細胞が自己治癒をはじめる。

 

 そして、私たちの可能性は無限大になる。

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

 


社会意識と超意識

今日は「社会意識」と「超意識」について、

ラムサの言葉を借りながら書いてみたいと思います。

 

長い記事になりますので、

興味がある方だけ読んでみてください。

 

 

 

 

 

  ————『ラムサ ホワイトブック』より

 

 

 

 意識は河のようなものであり、

 あなたの自己のすべては(体のあらゆる細胞を含めて)、

 絶え間なくそれによって養われている。

 

 というのも、思考こそがあなたの生命を維持し、

 その存在を確実なものにしているからだ。

 

 あなたは意識の流れからの思考によって生きているのである。

 

 食物からの栄養物質をあらゆる細胞に運ぶ血液の流れによって、

 あなたの体が生きているのとちょうど同じように、

 

 あなたの自己のすべては、意識の流れから発する、

 思考という根本物質によって維持されているのである。

 

 

 意識の流れからやってくる思考を使って、

 あなたは自分の存在のあらゆる瞬間を創造している。

 

 あなたは思考の河から絶え間なく思考を取り出しながら、

 それを魂で感じ、その感情によって自分の全存在を養って拡大し、

 

 そしてその拡大した自己という思考を思考の河へと戻し、

 それによって全ての生命の意識を拡大しているのである。

 

 あなたは今日、ある創造的な思考について熟考するかもしれないが、

 あなたがそうすると、その思考はあなたの魂の中に

 電気的な振動数として記録される。

 

 すると、それと同じ振動数があなたの体から放出され、

 意識の流れの中に入っていくが、

 それによって、ほかの誰かがその思考をとらえて、

 それを使って創造することが可能になるのだ。

 

 つまり、あなたが考え、感じることは、

 ほかのあらゆる者がアクセス可能であるということだ。

 

 彼らはあなたの思考によって養われ、

 あなたは彼らの思考によって養われているのである。

 

 

 

私たちの思考は「意識の河」でつながっていて、

全ての存在がその河の流れにアクセスできる。

 

そして、その河から思考を受け取り、

その思考で自己の全て(心と身体)を養っている。

 

 

ここで大切なのは、

私たちがそのことを知っていても知っていなくても

「そうなっている」ということです。

 

 

 

 

 

 あなた方の天界がその繁栄の基盤としているさまざまな思考は、

 社会意識という、制限された、振動数の低い思考である。

 

 それらの思考は、きわめて制限が多く、

 何にでも価値判断を下したがるとても厳しいものである。

 

 それは、あなた方の人生が、生存に関する態度によって、

 さらに化身の死であれ、自我の死であれ、

 死への恐れに関する態度によって、支配されているからだ。

 

 そのため、あなた方の意識は、食べ物や住居や仕事、

 そして黄金についての思考で占められている。

 

 また正しい — 正しくない、よい — 悪い、といった価値判断、

 流行や美、他人に受容されること、他人との比較、

 年齢、病気、そして死についての思考で占められている。

 

 これらの低い振動数の思考は、

 あなたのまわりにいる人々の思考の中で支配的なものであり、

 その結果、あなたのオーラ・フィールドの中に

 いとも簡単に入ってくる。

 

 それゆえあなたは、きわめて制限の多い

 よどんだ意識からの限られた思考によって、

 つねに養われているのである。

 

 そして、このような思考が自分を養うのを許しているとき、

 あなたはそれらの思考が生むフィーリングを外に発し、

 人間の制限された思考を再生産し、永続させているのだ。

 

 

 あなた方の大都市の意識はとくに制限されている。

 

 というのも、そこに生きる者のほとんどが、

 きわめて競争的で、時間志向、流行思考が強く、

 他人をとても恐れ、互いを受容することができないからだ。

 

 そのため、すべての大都市は濃密な意識でおおわれている。

 

 ほかの宇宙からここにやって来た者たちが

 それらの都市を見下ろしたときに見るのは、

 さまざまな色の光でできた濃密な網目状のものである。

 

 それは、きわめて制限された意識が生み出す

 低い振動数の思考であり、それが光の場として現れているのだ。

 

 

 

 

 そういった思考よりも振動数の高い「超意識」の思考とは、

 「在ること」、存在、生命、調和、ひとつであること、

 絶え間ない継続性などの思考だ。

 

 それらは愛の思考であり、喜びの思考であり、

 天才の思考である。

 

 それらは無限の思考であり、

 本当はこれらの言葉による表現さえ超えたものである。

 

 というのも、無限の思考からのフィーリングを、

 言葉で言い表すことなどできないからだ。

 

 

 より振動数の高いそれらの思考は、

 人間のよどんだ思考から離れた

 自然の意識の中のほうが体験しやすい。

 

 そこでは、生命は単純であり、時間を超えて絶え間なく続き、

 それ自身と完全に調和しているからだ。

 

 そこでは、あなたは人間の価値判断から離れ、

 自分自身の「知っている状態」の鼓動を聞くことができる。

 

 

 

人が沢山いる所や都市部や繁華街が苦手だという方は、

恐らくそういう場所に流れている

「濃密な社会意識(=恐れをベースにした思考)」を

敏感にキャッチしているのだと思います。

 

 

それとは逆に、自然や動物に触れたり神社やお寺へ行くと、

気分が晴れたり心が穏やかになるのは、

そこに流れている「超意識=(愛、喜び、無限の思考)」を

受け取っているから。

 

 

「超意識」にアクセスすることをエイブラハム流に言うと、

「ソースとつながること」「ヴォルテックスに入ること」ですね。

 

 

 

 

「あなたは、どちらの意識を選ぶのか?」

 

 

例え「社会意識」の海の中にどっぷり浸かっていたとしても、

 

たった今、空を見上げて地球の丸さを想像するだけで、

花や木々の美しさを詳細に観察するだけで、

愛らしい動物の感情や思考を感じようとするだけで、

 

「恐れ」や「制限」とは全く異なる、

「無限の意識」を受け入れることを選択できます。

 

 

また、「超意識」の海の中にどっぷり浸かっていたとしても、

 

誰かと自分を比べて自分の価値を下げたり、

病気の情報を見聞きして自分もいずれはそうなるだろうと想像したり、

世界や日本や身の回りの人の問題を注視するだけで、

 

「無限の意識」とは全く異なる、

「恐れ」や「制限」を受け入れることを選択できます。

 

 

でも、それはほんのわずかな気づきの差でしかありません。

 

 

大都市に住んでいても「超意識」につながっている人はいるし、

休日に自然に触れて心が軽くなったのに、

日常生活に戻るとまた不満だらけの思考になる人もいます。

 

 

 

 

「今の思考は、どの意識が元になっているのか?」

 

 

これは、その思考が「条件つきのものか?」

それとも「無条件のものか?」でわかります。

 

 

「何かの条件が満たされれば、

 私には価値がある、私は幸福になれる。」

 

 

こういった思考が「社会意識」をベースにした思考で、

「超意識」をベースにした思考は、いつも無条件です。

 

 

このことについては、もう少し書きたいと思います。

 

 


あくび

スガシカオさんの『あくび』という曲。

 

昨日の夜にこの曲のことをふと思い出して、

今日からウクレレで練習しています。

 

 

 

 

最近は指板を見なくても押さえられるコードが増えてきたので、

コードを押さえる左手よりも、右手のジャカジャカのリズムを

歌のテンポに合わせるのが課題です。

 

リズム音痴になることもしばしばですが(笑)、

ノラ・ジョーンズさんの『Don't Know Why』など、

色んな曲をつまみ食いするように弾き語りしています。

 

もちろん、どれも未完成のままです。

 

 

ちなみに、文鳥のあくびはこんな感じ。

 

 

 

 

 

そして、あくびの後のトロンとした目。

 

人間と同じですね。

 

 

 

 

10連休中もいつもと変わらない我が家でした。

 

 

 

 

 


喜びから人生を生きる!

 

 

喜びから人生を生きる! 臨死体験が教えてくれたこと

 アニータ・ムアジャーニ 著 奥野節子 訳

 

 

癌で余命1年と宣告されたお客さまを施術した翌日、

ふらっと入った本屋さんで目にとまったのがこの本でした。

 

この本と巡り会えたのは、「癌は治る病気だ」という確信を、

他の誰でもない私自身が得るためだったのだと思います。

 

 

末期癌で多臓器不全の状態から、

臨死体験を経て回復したアニータさんの言葉です。

 

 

 

 身体の機能が止まった時、私がいた向こう側の世界は、

 恐れでゆがんでいない私自身のすばらしさを見せてくれました。

 

 私は、自分が利用できる

 偉大なパワーに気づくようになったのです。

 

 

 私が身体にしがみつくのをやめた時、

 向こう側の世界に行くために何もする必要はないのだと感じました。

 

 祈りも、詠唱も、マントラも、許しも、何もいらなかったのです。

 その移行は、まったく何もしないことに等しいものでした。

 

 特に誰に対してというわけではありませんが、

 

 「私には与えられるものがもうありません。

  もうお手上げです。どうぞ連れて行ってください。

  もうどうにでもしてください。あなたのお好きなように」

 

 と言った気がしました。

 

 

 向こう側の世界で私は明晰でした。

 

 そして、自分が抱いていた恐れのために死んでいくのだと、

 直感的に理解しました。

 

 私は、いつも心配ばかりして、

 本当の自分を表現できずに生きてきました。

 

 癌は決して罰のようなものではなく、

 自分自身のエネルギーが癌として現れたのだとわかったのです。

 

 そうなったのは、私の恐れのせいで、

 本来の姿であるすばらしい存在としての自分を

 表現できなかったからでした。

 

 

 そのような拡大した意識の状態で、

 私は、いかに自分自身につらくあたり、

 批判ばかりしていたかを理解しました。

 

 そこでは、私を罰する人は誰もいませんでした。

 

 私が許さなかったのは他人ではなく、

 自分だったのだと、やっとわかりました。

 

 私を非難したのも、私が見捨てたのも、

 私が十分愛さなかったのも私自身だったのです。

 

 ほかの誰でもありませんでした。

 

 私はその時、

 宇宙の美しい子どもとして自分のことを見ていました。

 

 私は存在するだけで、

 無条件の愛を受ける価値があったのです。

 

 そのために何もする必要はないとわかりました。

 

 祈ることも、お願いすることも、何一ついらないのです。

 

 これまで、自分自身を愛したことも、尊重したことも、

 自分の魂の美しさを目にしたこともなかったと悟りました。

 

 絶対的なすばらしさが私のためにいつも存在していたのに、

 まるで、物質的な生活がそれを奪って、

 少しずつ破壊してしまったような感じがしました。

 

 

 

 

 このことを理解した時、

 もう自分には恐れるものがないとわかったのです。

 

 私は、誰もが手に入れられるパワーについて知り、

 この世に戻るという大きな選択をしました。

 

 その覚醒した状態での選択は、

 私がこの世に戻るための非常に強い原動力でした。

 

 再び自分の身体で目覚めた時、

 この世に戻ってくるという私の決断に、

 身体の全ての細胞が応じるだろうと知っていました。

 

 ですから、自分の病気は必ず良くなるとわかっていたのです。

 

 

 

アニータさんの体験と「気づき」を

現実のものとして「受け容れる」と、

それがに自分にとっての「真実」となります。

 

 

興味を持たれた方は、本書を手に取ってみてください。

 

 


卵の形

我が家で同居している文鳥、

ニコちゃん(♀)とふくちゃん(♀)。

 

 

今年も冬から春にかけて幾つも卵を産みました。

 

(雄の文鳥がいないので、もちろん全て無精卵です)

 

 

向かって左がニコちゃんが産んだ卵で、

向かって右がふくちゃんが産んだ卵。

 

 

 

 

ニコちゃんとふくちゃんの性格が違うように、

卵の形も違うのがおもしろいなぁと思いました。

 

頑張って出産したふくちゃんには悪いのですが、

卵の形を見て「ふくちゃんらしい!」と思わず笑ってしまいました。

 

 

同じ文鳥でも、毛色も性格も甘え方もご飯の食べ方も、

おまけに卵の形まで違う。

 

 

動物も人間も、みんなそれぞれに違っていて当たり前。

 

 

ニコちゃんとふくちゃんを見ていると、

「多様性」がこの世界の自然な在り方なんだと気づかされます。

 

 

 

 

今はふたりとも出産と抱卵を終え、換羽期に入りました。

 

 

 

 

今回も無事に綺麗な羽根に生え変わりますように。

 

 


<< | 2/434PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode