あきらめる

あきらめるとは、
「明らかに眺める」とも言いますね。

 
「自分は夫のため家族のためを思ってやっているのに、
 家族は自分のそんな気持ちを全然分かってくれない」
 
「仕事でストレス一杯なのに、
 妻がイチイチうるさくて家でも落ち着けない」
 
「子どもが全然言うことを聞かない。
 もっと聞き分けが良かったらいいのに」

 
お客さまの様々な問題に触れる度に、
私の話の結論は大抵こうなります。


「あきらめてくださいね(笑)」


これは、何も冷たく突き放しているのではなくて、
相手を自分の思い通りにしようとするその気持ちを
「あきらめてくださいね」という意味です。

 
結局、人間関係の中でストレスを感じるのは、
相手が自分の期待にそぐわない行動を取るから。

 
 分かって欲しいのに分かってくれない。
 優しくして欲しいのに優しくしてくれない。
 放っといて欲しいのに放っといてくれない。
 頑張って欲しいのに頑張ってくれない。

 
「相手が自分の都合のいい時に都合のいいことをしてくれる人に
 変わってくれたらいいのに・・・」


こんな自分勝手な期待は、
一日も早く手放した方が世のため人のためです(笑)


例え家族と言えども一人ひとりがみんな違う魂ですから、
意見も考え方も価値観も個性も違っていて当たり前、
求める幸せのカタチも違っていて当たり前。
 
例えば「住宅ローン」一つ取ってみてもそう。
家という「資産」を手に入れることだと考えるのか、
単なる「借金」だと考えるのかは、
人によって違いますよね。
 
国語が好きな子もいれば、
算数が好きな子もいる。
絵を描くのが好きな子もいれば、
スポーツをするのが好きな子もいる。
学校が好きな子もいればキライな子もいる。
 
その違いを「そんなのは駄目だ!」と否定するよりも、
尊重して理解してあげるのが
本当の愛に近い行為なのだと思います。

 
「自分と関係する相手の本質がそうなんだから仕方ないんです。
 だから、相手を自分の都合のいいように変えようとしては駄目です。
 
 言う事を聞かそうなんて思っちゃ駄目ですよ。

 相手もあなたのことを自分の都合に合わせて変えたがっているのに、
 『お前が変われ!』って、それ、ケンカにしかなりませんよ。

 変わらない相手と一緒でも、自分らしく淡々と機嫌良く生きることが、
 山にこもるよりも滝に打たれるよりも一番の修行になりますよ。
 
 私たちはこの世に魂を向上させるための修行に来ている訳ですから」

 
だから結論は、
「にこやかにあきらめましょう」となります。


常に愛情を持って、
自分と相手の様子を明らかに眺めること。


私はいつもそういう人でありたいと思います。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)
子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
高橋 和巳
ショッキングなタイトルの本ですが、深く心に響く良書です。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

おすすめ

3 ON FREE
3 ON FREE (JUGEMレビュー »)
JAM&COOL
『星のカケラ』『想い夜空』『素敵なメロディー』名曲揃いのアルバムです。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode