肺について

先日の『自分の声を聴く その2』という記事で、

自分の「今の呼吸」を感じることや、

肺の大きさや動きを意識することについて書きました。

 

 

今日は、前回とは別のイラストで

「肺」についての補足です。

 

 

※紫色の部分が肺です

 

 

このイラストだと、

肋骨と肺との関係をよりイメージしやすいですね。

 

 

肺は、ほぼ肋骨全体と同じ大きさで、

しかもその上部は、

第1肋骨と鎖骨よりも上にはみ出しています。

 

 

イラストには鎖骨が描かれていないので、

ウチのガイコツさんを撮りました。

 

第1肋骨と鎖骨との位置関係はこんな感じ。

 

 

 

 

 

あと、背中から撮った写真を見ると、

肋骨と肩甲骨との位置関係もイメージしやすいですね。

 

 

 

 

呼吸と共に、これら肺を囲む全ての骨格が動きます。

 

 

「背中の方の動きが感じにくい」という方は、

リュックサックを背負ってみてください。

 

リュックが触れている肩甲骨のあたりが、

呼吸と共に動くのを感じられると思います。

 

 

リュックサックを持っていない方は、

背もたれのある椅子に座って呼吸をしてみてください。

 

呼吸の度に、背もたれに当たる

自分の背中の動きを感られるはずです。

 

 

最後に、喉から肺につながる気管と、

肺の中に伸びる気管支のイラストです。

 

 

 

 

このイラストを見ると、気管と気管支は、

木の幹と枝を逆さまにした姿によく似ていますね。

 

 

 

 

世界中の木々は、

空気中の二酸化炭素を吸っては酸素を吐き出して、

私たちが吸う空気を綺麗にしてくれています。

 

 

 

 

そういう存在が自分の胸の中にもあると想像すると、

人間の身体のデザインってすごいなぁと改めて感じます。

 

 

上の2枚の写真は、私が大好きな木です。

 

 

この木を愛でるように、

自分の身体も大切にしようと思いました。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode