今日の風景

 

 

 

 

 

 


昨夜のあれこれ

 

昨日の夜は大阪へ。

 

 

昨年11月に引き続き、

バーでおこなわれた『弾き語り会』に参加してきました。

 

 

今回も10曲ぐらいウクレレを弾きながら歌いましたが、

歌詞もコードも弾き方も間違うわで、結構ボロボロでした(笑)

 

歌にも演奏にもちゃんと思いを込めながら弾き語りができる人って、

本当に凄いんだなぁと改めて思います。

 

 

帰る前にもう1曲。

 

 

別の方にギターを弾いてもらって

中島みゆきさんの『糸』を歌うと、

いつもより高音が楽に出ていることに気づきました。

 

 

例えば、「どこにい〜た〜の」「た〜」のところや、

「織りなす布は〜いつか誰かを〜」「を〜」のところ。

 

 

今までなら少しかすれながら声が出ていたのに、

今日はかすれず楽に出るし、声も伸びる。

 

 

これは、以前の記事でご紹介した、

軽い呼吸は正しい呼吸エクササイズ』の効果かもしれません。

 

普段から軽く静かな呼吸を意識しておくと、

歌う時の呼吸にも余裕が出るのでしょう。

 

 

アスリートが酸素の薄い高地でトレーニングをすると

運動能力が向上するように、

 

歌う人、楽器を吹く人、喋る人も、

普段から軽い呼吸(=少ない酸素量)に

身体を慣れさせておくのもいいと思いました。

 

 

発声に余裕が生まれると、

歌声に色んな表情もつけられますね。

 

 

これは大きな発見でした。

 

 

 

 

23時ごろ奈良に着き、帰り道にある公園の木に触れました。

 

私が勝手に友人だと思っている木です。

 

 

いつも通り、木からの「触れていいよ」という雰囲気を感じてから、

人や何かに施術をする時と同じ様にそっと両手で触れます。

 

 

もちろん、触れるだけで何もしません。

 

ただ感じるだけです。

 

 

「冬の夜なのに温かいなぁ」

 

 

触れた手にほんのり温かさを感じた後、

木の内部に水が流れるような動きがやってきました。

 

全体的に地面から上に向かって「サーッ」と流れているが、

私の背丈の倍ぐらいの高さにある右側の枝だけちょっと重い感じ。

 

その重さがなんとなく取れてきたなぁと思ったら、

今度は私の足裏を地面が押してくるような感覚がやってきました。

 

 

まるで、地面が木と私を乗せて空へと上昇していくような感覚です。

 

それは、上りのエレベーターに乗っているようにも、

木がロケットのように空へ向かっているようにも感じられました。

 

 

もちろん、目の前の風景も現実も何も変わりません。

 

私は地面に立って、ただ木に触れているだけです。

 

 

たた私の感覚だけが、

木と一緒に上へ上へと昇っていくのを感じていました。

 

 

 

 

「落葉樹は、葉が全部落ちた時に一番力があるんですよ」

 

 

あるお客さまが言っていたのを思い出しました。

 

 

 

もうしばらく触れていたかったけど、

さすがに眠くなったので、木に「おやすみ」を告げて家へ帰りました。

 

 

そんなわけで、昨日は気づきの多い、おもしろい夜でした。

 

 


歌と散歩

 

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

 

今年も平和な1年でありますように。

 

 

 

 

2日は、神戸に住む弟夫婦宅に家族で集まり、

弟のギターと私のウクレレで沢山歌いました。

 

 

生の楽器で歌うのは本当に楽しいですね。

 

 

今年は今まで以上に歌う機会を増やそうと思いました。

 

 

 

3日は、夫婦で長い散歩をしました。

 

 

途中、道路脇の田んぼの中にセキレイを発見。

 

 

 

 

野鳥は人が近づくとすぐ逃げるものですが、

この子はなぜか逃げない。

 

 

よく見ると左の足首から先がないので、

過去に保護されたことがあるのか。

 

それとも、人からエサをもらったことがあるのか。

 

 

普通の野鳥とは明らかに人との距離感が違う。

 

 

 

 

・・・とは言え、近づき過ぎるとスーッと離れるので、

一定の距離を保ちつつしばらく観察。

 

 

 

 

 

ちょうど文鳥用のエサを買ったところだったので、

この子にも少しだけおすそ分け。

 

 

 

 

 

ちゃんと食べてくれました。

 

 

 

 

 

ふと空を見上げると、

近くの電線にカラスの大群が到着。

 

 

 

 

自然は、鳥好きに鳥を一杯見せてくれるんだなぁと、

感心しました。

 

 

その後も沢山の鳥たちと出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気の向くままに道を選び、時にはお店に入ったり、

田んぼの畦道を歩いたりと、

子どもの頃に戻ったような自由な散歩でした。

 

 

 

 

 

 

 

心のバッテリーを充電させてくれるものは、

私たちの身の回りに溢れていますね。

 

 

 

 

今年も今までと変わらず、

自分の心を大切にする1年にしたいと思います。

 

 

 

 

白樺整体院は、明日5日(日)より営業いたします。

 

 


昨日の風景

 

 

 

 

 

 

 

 


年賀状

昨日やっと年賀状のデザインが仕上がり、

印刷屋さんに入稿しました。

 

整体院用とプライベート用の2種類です。

 

 

 

 

ここ数年、整体院用の年賀状は

その年に強く感じたことを文章にしていて、

今回は10年を振り返って書いてみました。

 

 

「今年の年賀状、時々読み返しています」

 

「手帳に挟んでしばらく持っていました」

 

 

お客さまからそういう声をいただいたことがあって、

とても励みになりました。

 

 

2020年の年賀状も、

お世話になったみなさまへのギフトになれば幸いです。

 

 

 

 


ある日の風景

 

 

 

 

 


昨日の風景

 

 

 

 

 

 

 


今日の風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日の風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日はこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/39PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode