セルフケアのススメ

今日は、白樺整体院新聞17号用に書いた文章を

原文のまま転載します。

 

 

「セルフケアのススメ」

 

 

施術の後には必ず、その人の体調に合った

体操やストレッチをお伝えしています。

 

例えば、

背中の張りに左右差がある人には背骨をねじる体操だったり、

腰が曲がり気味の人には腰を反らす体操だったり、

首が硬い人には首や腕の体操だったり、

ストレスがある人には深呼吸や簡単な瞑想だったり。

 

症状に合わせて様々なセルフケアをお伝えしていますが、

実は一番効果があるセルフケアとは

気分を良くすること」なんです。

 

気分さえ良くなれば、

身体の問題は自然に快方へと向かっていきます。

 

 

「でも、こんなに痛みがあるのに、

 気分を良くするなんてとてもできません」

 

 

・・・その意見はもっともです。

 

でも、悪い部分に注目し続けて身体が楽になるでしょうか?

 

 

「痛い、辛い。いつになればこの痛みは消えるのか。

 どうやったら治るんだろう。

 薬を飲んでも治療を受けても治らない。

 ああ、ずっとこの状態が続くんだろうか?」

 

 

と、こんな風に考え続けても気が重くなっていくだけです。

 

そして、気持ちが沈むと身体も更にしんどくなっていきます。

 

 

こういう時は一度そこから目を離して、

自分の良い面だけに目を向けてみましょう。

 

 

「ここは痛いけど普通に生活できる」とか、

 

「腰は痛いけど頭痛よりマシだ」とか、

 

「今日は昨日よりも楽な気がする」とか、

 

「痛いけど肩こりで死ぬことはない」とか。

 

 

考え方はなんでもいいので、

少しでも気が楽になる方へ思考を変えてみる。

 

たったそれだけで身体は変化しはじめます。

 

 

思考を転換できない時は、

症状のことは一切忘れて、

楽しいことや気分がホッとすることに

目を向けるのも効果的です。

 

 

お笑い番組を観たり、

可愛いペットをなでたり、

温泉に入ったり、

美味しいものを食べたり、

のんびり昼寝をしたり。

 

 

そうやって自分で自分の気分を良くしていると、

知らないうちに症状も改善していきます。

 

 

ただし、結果を焦らないこと。

 

 

「まだ良くならない。まだ痛い。まだ・・・」

 

 

こういう焦りや不安は、せっかく働き出した

自然治癒力にブレーキをかけることになりますから。

 

 

そういうわけで、

 

 

自分で自分の気分を良くすること

 

 

を日々の暮らしに取り入れてみてください。

 

 

「心の健康」は必ず「身体の健康」へとつながりますヨ。

 

 

 

 


みぞおち

ある日の散歩中にふとイメージしてみました。

 

 

「みぞおちから進行方向へ向かって

 レーザーポインターが出ているイメージ」

 

 

「みぞおちに目があるイメージ」

 

 

そういうイメージで歩いたり走ったりしてみると、

姿勢がほとんど崩れず、楽に動けました。

 

 

歩く時や走る時にみぞおちを意識することは、

多くの専門家がすすめておられますね。

 

 

なんで「みぞおち」なのかというと、

その奥にある背骨が「胸椎12番」という骨で、

そこに「大腰筋(だいようきん)」という

股関節を曲げる(屈曲させる)筋肉がくっついているからなんです。

 

大腰筋は胸椎12番と腰椎全て(1〜5番)に付着していて、

そこから股関節まで伸びています。

 

歩く時や走る時、

脚を前に出したり太ももを上げる

(=股関節の屈曲位)と大腰筋が縮み、

逆に脚が身体よりも後方にある

(=股関節の伸展位)と大腰筋が伸びます。

 

「みぞおちを脚の付け根だと思うと良い」

というのは、大腰筋の伸縮を意識できるから。

 

ただし、猫背や円背などで背中が曲がっていると、

大腰筋は縮んだままであまり伸びません。

 

 

下の図の赤い筋肉が大腰筋です。

 

 

 

 

ちなみに、大腰筋の前にある

細長い筋肉は「小腰筋(しょうようきん)」で、

この筋肉は約半数の人にしかないそうです。

 

 

以下は私の体感です。

 

 

レーザーポインターをイメージすると、

みぞおちから前方へ自然に引っ張られていく感じ。

 

みぞおちの目をイメージすると、

目と「みぞおちの目」の二つの目(正確には三つかな?)で

景色を見ているような感じているような感じ。

 

 

あと、「みぞおちを意識する」は、坐る時にも使えます。

 

みぞおちから前方にレーザーポインターを出したり、

真っ直ぐに前方を見ている「みぞおちの目」を意識すると、

楽に良い姿勢が保てます。

 

 

身体に意識を置くと面白い発見がありますね。

 

 

興味がある方は、私の体感のことは忘れて、

ご自分の体感を味わいながら楽しんでやってみてください。

 

 


瞑想

昨年の夏頃から、

ほぼ毎日瞑想をするようになりました。

 

それまでも時々はしていましたが、

「毎日の習慣」にまではなっていませんでした。

 

瞑想の時間は15分か、長くて25分ぐらい。

 

行うのはだいたい朝で、

「心地よい状態で1日を始めたい」

という意図からそうしています。

 

 

例えば、バタバタで1日を始めると

(途中で気持ちを整えないかぎりは)、

大抵はバタバタの1日になります。

 

朝出掛ける前に夫婦で揉めたり、

子供を怒ったりするのもおすすめしません。

 

怒り、苛立ち、不安のモードで1日を始めると、

そういうモードの1日になります。

 

つまり、そういう出来事や、

そういう人に出会いやすくなります。

 

 

今日を「いい気分の1日」にしたいなら、

瞑想はそこに入るための良いツールになります。

 

 

 

瞑想について、

エイブラハムはこのように説明しています。

 

願えば、かなうエイブラハムの教え』より

 

 

 ——15分で人生は変わる——

 

 私たちが物資世界にいるとしたら、

 絶対に瞑想をするでしょう。

 

 毎日10〜15分、それを超えない程度に、

 邪魔されない気持ちのよい場所、

 木陰や車の中、バスルームや庭に

 静かに座ります。

 

 身体の感覚をできるだけ遮断します。

 部屋が明るすぎるなら、

 カーテンを引いて目を閉じます。

 

 意識して肺に息を吸い込み、

 意識して吐き出します。

 

 意識を集中してゆっくりと吸って、

 吐きます。

 

 肺が無理なく保てる空気は

 これくらいだろうと思ったら、

 さらにそっと息を吸います。

 

 そして、肺が十分に広がったら、

 長くゆっくりと吐き出します。

 

 この瞬間に集中し、呼吸を意識して、

 息をする他は何もしません。

 

 この瞬間に入ってくる空気と

 出ていく空気以外のことには意識を向けません。

 

 しばらくの間、

 あなたはあれこれ取り仕切るのをやめ、

 何かを実現させようとするのをやめます。

 

 このとき、あなたは自分の

 ”ソースエネルギー” ”内なる存在” ”神” に向かって、

 

 「私は許可する状態にいる。

  私は ”ソースエネルギー” が身体の中を

  ただ流れるのを許可している」

 

 と言っているのです。

 

 これを15分間続けると、人生は変わります。

 

 なぜなら、あなたにとって自然な ”エネルギー” を

 流すことがこれで許可されるからです。

 

 この瞬間に気分がよくなり、

 瞑想からさめたときにエネルギーが

 みなぎっているのを感じるでしょう。

 

 

 

ダスカロスも短時間の瞑想をすすめていました。

 

エソテリック・プラクティス』より

 

 

 簡単な例をあげて話しましょう。

 

 もし1本の苗木を日当たりの良い、

 肥えた土に植え、毎日適切な水を与えたら、

 苗木はスクスクと成長します。

 

 しかし、もし苗木を夏の炎天下にさらし続けたり、

 根に溜まるほど水を与え過ぎたら?

 

 きっと苗木はしなびて枯れてしまうでしょう。

 

 このように瞑想のやり過ぎは

 瞑想時と平常時に極度の落差をもたらすので危険です。

 

 私たちは1回15分程度で、

 1日2、3回の瞑想を奨励しています。

 

 私は、過度の瞑想によって

 深刻な神経障害に陥った人をたくさん見てきました。

 

 私たちは現実の世界に存在しているのですから、

 この世界と理性的に対応していかねばなりません。

 

 

 

 

ただ、呼吸を感じるだけの時間。

 

 

エイブラハムが言うように

意図的に大きく呼吸をするのもいいし、

何も意図しない自然な呼吸を感じ続けるのもいい。

 

全身の皮膚が呼吸をしている感覚や、

自分の周りの空間が、呼吸をするように

膨張と収縮を繰り返す感覚を味わうのも面白い。

 

私のような仕事をしている人なら、

時には目を開けて行うのもいいですね。

 

 

瞑想中、何かに邪魔される瞬間があると

以前は心が乱れたものですが、

今は変わらず穏やかでいられるようになりました。

 

 

以前の記事でもご紹介しましたね。

 

私が瞑想中によく聴いているのは、

この本についているCDです。

 

 

引き寄せの法則 瞑想CDブック

 

 

エスター・ヒックスさんの身体を借りて話す

エイブラハムの声を聴きながら15分間の瞑想。

 

時間に余裕がある時は、

日本語訳の音声も10分ぐらい聴いて、

更に余韻を楽しみます。

 

瞑想をしている時間は本当に心地よいので、

ついつい長時間やりたくなるのですが、

心地よさに後ろ髪を引かれつつ現実世界に戻ります。

 

 

瞑想をすると、

自分の「静寂な状態」がわかります。

 

(それがわかると、そこからブレたことにも気づけます)

 

エイブラハム流に言うと、

ソースエネルギーが身体を流れている状態。

 

それは、心地よさ、いい気分、静かな幸福感。

 

日常ではもちろんのこと、

施術中は特に意図的にそこに居続けます。

 

そうすると、施術をしている時間が

私にとっても心地よい時間になります。

 

 

 

 

再び『願えば、かなうエイブラハムの教え』より

 

 

 あなたの身体が今、重病を患っているとしても、

 毎日 ”エネルギー” の流れを許可する方法を学んでいれば、

 明日にはすっかり病気が

 消えるかもしれないことをご存知ですか?

 

 とはいえ、私たちはそのような

 一足飛びの飛躍を勧めているわけではありません。

 

 それはあまり快適ではないからです。

 

 

 私たちが勧めたいのは、

 あなたが自分本位になり、毎日こう宣言することです。

 

 

 「いちばん重要なのは、私の気分がよくなることです。

  私は今日、いい気分になる方法を見つけます。

 

  瞑想で1日を始め、”ソースエネルギー” と

  自分を同調させます。

 

  1日中感謝する機会を探し、

  1日中自分を ”ソースエネルギー” へ戻そうとします。

 

  ほめる機会があればほめ、

  批判の機会があれば黙って瞑想します。

 

  批判したくなったら、うちの猫を呼んで、

  気分が変わるまで猫をなでます」

 

 

 そうして1ヶ月も過ごせば、

 それまであなたが地球で

 いちばん抵抗の強い人だったとしても、

 いちばん抵抗のない人になれます。

 

 周りの人は、あなたに望んだものが

 いくつも現れ始めるのを見て驚くことでしょう。

 

 

 

今の私には「人生が変わる!」とまでは断言できませんが、

少なくとも私の性格は変わりました(笑)

 

 

毎日15分の瞑想。

 

これが一番の「セルフケア」なのかも知れません。

 

 


後ろ歩き

後ろ向に歩いた後で普通に前を向いて歩くと、

歩きやすくなります。

 

 

「単に、後ろ向きに歩くのが

 歩きにくかったからじゃないですか?」

 

 

というツッコミの声が聞こえてきそうですが(汗)、

私の体感としては歩きやすくなります。

 

 

特に、踵(かかと)から「ドン!」と着地しない

歩き方を意識しておられる方にはオススメです。

 

なんでかというと、後ろ向きに歩く時は

自然につま先着地になるからです。

 

しばらく後ろ歩きをして、

つま先着地の感覚を足や身体に馴染ませる。

 

その後で前を向いて歩いたら、

足全体を使っての着地が自然にできるようになるし、

踵が優しく着地できていることにも気づきます。

 

歩くだけじゃなくて、

後ろ向きにゆっくり走るのもいいですよ。

 

 

「しばらく」ってどれくらい?

 

5秒でも10秒でも20秒でも。

 

危ないですから、

前歩きと後ろ歩きを小刻みに行うのがいいですね。

 

 

ただし、後ろ向きに歩いたり走ったりする時には、

必ず周りに車もバイクも自転車も

人もいないことを確かめて行ってください。

 

転倒や事故がないように、くれぐれも気をつけてくださいね。

 

 


鼻呼吸のすすめ

年が明けて、冬の寒さがどんどん本格的になってきましたね。

 

何年か前の記事にも書きましたが、

今日は鼻呼吸の重要性について。

 

道ですれ違う人の中には、

口を開けっ放しの方をよく見かけます。

 

冬の冷たく乾燥した空気を口から直接吸い込むことは、

身体にとって大きな負担になります。

 

 

イラスト解剖学』より

 

 

 (鼻腔の)内面は線毛上皮からなる粘膜で被われ、

 線毛の働きによって異物や粘液が排出される。

 

 吸気はこの粘膜に接して鼻腔内を通り、

 ここで塵が除かれると同時に加温・加湿され、

 肺に乾燥した冷気が流入するのを防ぐ。

 

 実際、外鼻孔から入って肺胞に達するまでの0.5秒ほどの間に、

 吸気は温度37℃、湿度100%に調整される。

 

 

 

口から息を吸い込んだ場合には、この機能は働きません。

 

 

口呼吸をしているのは子供だけかと思いきや、

大人の方にも多いです。

また、親子で口が開いている場合もあります。

子供は親の姿を真似してしまうんですね。

 

 

呼吸一つで病気を防ぐことができます。

 

みなさま、どうぞ鼻呼吸を心がけてみてください。

 

 

 

 

はなちゃんや私たち夫婦のことを気にかけてくださったみなさま、

本当にありがとうございました。

 

おかげさまで、いつも通り元気にやっております。

 

年賀状やメールでのあたたかいお言葉に心より感謝いたします。

 

 


丁寧に歩く

先日、ビブラムファイブフィンガーズを履いて

若草山へ夕日を観に行ってきました。

 

 

 

頂上ではよく行われている、婚礼写真の撮影の様子。

 

 

今回、登りルートに選んだ春日山原始林はほとんどが砂利道。

おまけに、若草山の下りにも砂利道や石の階段があるので、

普通の道を歩く時よりも更に足裏への負担が大きい行程でした。

 

靴底が薄いこの靴で、

普通の靴で歩く時のように足裏を全く気にせずに歩くと、

足裏に大きな負荷がかかりますし、物理的にソールも摩耗します。

 

素足で地面を歩いているつもりで、

地面で足裏を擦ったり石をガツンと踏まないように丁寧に歩きました。

 

柔らかく地面を踏み、柔らかく地面から離れる。

 

そのおかげか、滅多に山歩きをしない私なのに、

翌日も翌々日もその次の日も、

筋肉痛も関節痛も一切なく普通に過ごせました。

 

足裏を守る歩き方をしたことで、

色んな関節やそこに付随している筋肉を

無意識的に連動させていたからだと思います。

 

歩行の衝撃を全身で満遍なく吸収できていたのでしょう。

 

素足感覚に近い靴だからこそ、

意識しにくい身体の使い方を意識できたのかも知れません。

 

きっと、草鞋を履いていた昔の日本人も、

草鞋に穴が空かないように、すり減らないようにと、

足裏を意識して歩いていたのではないかと思います。

 

 

肝心の夕日はというと、雲に隠れてこんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

これはこれでとても美しい風景でした。

 

 

あと、若草山の芝生はふわふわで天国のような歩き心地でした。

 

また登ろうと思います。

 

 


歩行禅

何も考えずに黙って歩く。

 

 

 テクテクテクテク。

 

 

余計な思考が入ってこないように、

一歩一歩を頭の中で言葉にしてみる。

 

 

 右、左、右、左、右、左。

 

 

呼吸も言葉にしてみる。

 

 

 吸う、吐く、吸う、吐く、吸う、吐く。

 

 

眼に入ったものも言葉にしてみる。

 

 

 道、人、家、空、石、木、鹿、カラス、燈籠。

 

 

そうやって、黙々と歩く。

 

歩行禅とか、歩く瞑想とはこんな感じ。

 

それだけではちょっと物足りないなぁと感じたら、言葉を変えてみる。

 

 

楽しくなりたい時は、一歩一歩ウキウキする言葉を選ぶ。

 

 

 嬉し、楽し、嬉し、楽し、ウキ、ウキ、ワク、ワク。

 

 

静かになりたい時は、一歩一歩「静けさ」を言葉にしてみる。

 

 

 静けさ、静けさ、静寂、静寂、穏やか、穏やか。

 

 

あとは、自分が落ち着ける場所を歩くこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春日大社の参道を一人で歩きながら、

頭の中で「嬉し、楽し、嬉し、楽し、静けさ、静けさ・・・」言うてたら、

本当に嬉しくなって、静かになりました。

 

これ、本当です。

 

 

みなさまもお試しあれ。

 

 


健康法のつづき

先月の記事で、私が普段行っている健康法について書きましたが、

肝心なことを書き忘れていました。

 

それは「適度な運動」をすることです。

 

 

私が行っている「適度な運動」は、

歩くことと、ごく軽い筋力トレーニングを行うこと。

 

あとは必要に応じたストレッチや体操をすることです。

 

 

 

歩くことについては以前にも何度か書きました。

 

私は、用事や買い物で外出する際は、

なるべく歩いて行くようにしています。

 

どうしても時間がない時には自転車を使いますが、

それでも週に1回乗るか乗らないかという程度。

 

「時間がかかるのになんで歩いて行くのか?」というと、

健康のためではなくて「歩く楽しみを知った」というのが大きな理由です。

 

結果として歩くことが私の健康法になっていますが、

単に歩くのが楽しいんです。

 

きっかけは、ビブラムファイブフィンガーズという

素足に近い感覚で歩ける五本指の靴を買ったことでした。

 

地面の感触を足裏で感じながら、どういう風に身体を使ったら

アスファルトの衝撃を受けずに自然に歩けるだろうと考えながら歩いています。

 

今はルナサンダルというのも試しています。

このサンダルの良さはまだ実感できていませんが、

ソールが足に馴染んでくるにつれてきっと体感できると思います。

 

 

 

ごく軽い筋力トレーニングについて。

 

筋トレにはその時の自分の流行りがあります。

ここ最近では、ゆっくりのスピードで行う筋トレが自分の中で流行っています。

 

 

まず「柔道腕立て伏せ」をゆっくりのスピードで20回。

 

私は小学生の時にちょっとだけ柔道教室に通っていて、

この腕立て伏せはそこで教えてらいました。

 

詳しいやり方はネットで動画もあるので検索してみてください。

 

ちなみに、柔道は白帯の次の黄色帯で辞めました(汗)

 

 

次に普通の腕立て伏せをスローモーションで10回。

 

ゆっくり身体を床ギリギリまで下げて、

肘が伸び切るまでゆっくり身体を上げる。

 

 

最後に、バレエのプリエをアレンジした運動を10〜15セット。

 

これは、演劇をやっていた時に演出家の先生から教えていただいたもので、

文章で説明するのがちょっと難しいので今回は割愛します。

興味がある方は施術を受けに来られた時にでもお聞きください。

 

これもかなりスローモーションで行います。

 

この運動をすると内腿にある内転筋群が鍛えられますので、

猫背の矯正やヒップアップ、O脚の矯正にも効果的です。

 

 

これらの筋トレは2日に1回程度やっていますが、

歩くのと違ってそんなに楽しくないです。

 

身体がちょっとしんどい時には無理せずサボっています。

 

 

ところで、なんでスローモーションで筋トレを行うのかと言うと、

施術をする時に同じ姿勢でじっとしていることが多いから。

 

今の私には素早く動くための筋力はそんなに必要なくて、

同じ姿勢を長く保つための筋力の方が必要なんですね。

 

だからスローモーションでトレーニングをする。

 

お腹が出るのを防ぐためという理由もちょっとあります。

 

 

 

最後の、必要に応じたストレッチや体操は、

このブログで時々書いているものや、

施術を受けに来られた方にお伝えしているものです。

 

身体の調子やその時の気分に合わせて適当にやっています。

 

ヒマシ油湿布も時々やります。

 

 

 

先月の記事の書き忘れをさっとご紹介するつもりが、

書きはじめたら随分長くなってしまいました。

 

 

健康法を地道に続けるコツは、

目的を「健康」に置かないことだと思います。

 

「健康のために運動をする」というよりも、

その運動をすること自体が楽しいと感じられる運動をすることや、

自分の仕事や生活にとって意味があったり役に立つものであれば

きっと長く続けられると思います。

 

もちろん、体型維持や美容のためというのも大賛成です。

 

身体に良い食事を選ぶというよりも、

身体が喜ぶ食事を選ぶ。

 

人や仕事との向き合い方が、

自分を変えることでどう変化するのかを

楽しみながら色々試してみる。

 

とどのつまり何を書きたかったのかというと、

「食」と「心のもち方」と「適度な運動」が

心身の健康には欠かせない要素ですヨ!ということでした。

 

 

長々とお付き合い、ありがとうございました。

 

 


健康法

「あなたの健康法はなんですか?」


そう聞かれたら、私ならこう答えます。


「酵素玄米を食べることと、
 瞬間瞬間をなるべく正直に生きること」


長岡式酵素玄米を始めて今年でもう9年目になります。





私の場合、これを食べると身体が喜びます。

子供の頃から便秘気味だったのが嘘の様に、
毎日のお通じもすっかり良くなりました。

甘いものも好きだし、お酒も好きだけど、
これがあったらチャラにしてくれるような、
そんな勝手な安心感もあります。

そして何よりも、
酵素玄米を食べた後は肚が落ち着きます。

気持ちが安定します。

私にとって酵素玄米は頼れる存在です。


だからこそ、酵素玄米を炊く時は、
なるべく穏やかな気持ちで炊くようにしています。









正直に生きることについて。

「自分の正直はどこにあるのか?」

日々の様々な選択の時に自分に問うようにしています。

かといって、自分の思い通りの選択を
いつも出来ているわけではありません。

大切なのは、自分の正直な気持ちを
理解できているかどうかだと思います。

これは私にとって一生のお題のような気もしています。


健康法は人それぞれ。

身内だからといって、仲が良いからといって、
「これをやりなさい」と押し付けるのも違う。

また、宗教の勧誘のように、
「ピンポーン」と誰彼かまわず
すすめて歩くものでもありません。

こういうことを知りはじめた頃は、
私も健康法の押し売りをして
何人かの方には迷惑をかけました。


自分に合ったものを、自分だけのために、
自分自身で毎日機嫌良く行うのが1番。


これからも自分を大切にするために、
日々を機嫌よく生きていきたいと思います。

 

歩く楽しみ

一昨年に車を手放してからというもの、
私の日常の「足」は自転車でしたが、
今年に入ってからは自転車よりも歩くことが増えました。

理由は、歩くことが楽しくなったからです。

特に、ビブラムファイブフィンガーズを履きはじめてからは
日常生活の中でより積極的に「歩く」を選ぶようになりました。


薄いソールから伝わる地面の感触。
足指と足裏を自由に使えている感覚。
歩き方を工夫する楽しみ。
歩く速度でしか感じられない景色、空気、香り。











そういった諸々を毎日楽しんでいます。

当たり前に歩けるって本当に幸せなことですね。

 

| 1/10PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)
子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
高橋 和巳
ショッキングなタイトルの本ですが、深く心に響く良書です。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

おすすめ

3 ON FREE
3 ON FREE (JUGEMレビュー »)
JAM&COOL
『星のカケラ』『想い夜空』『素敵なメロディー』名曲揃いのアルバムです。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode